Top page > 製品情報 > 吸着式冷凍機> 用途

エネルギー機械事業部 LNG関連商材(極低温関連機器)

原理

吸着式冷凍機の納入先と用途

化学工場・製薬工場

ユーティリティ関係の省エネや効率アップを図るために使用できます。排熱(廃熱)から冷水が作れるので既設のチラーなどの負荷削減が可能です。

染色工場・染色印刷工場

印刷、染色時の排ガスや排温水を回収して、冷却工程に使用する冷水供給に使用できます。また、クリーンルームなどの空調やスポット空調などにも利用できます。

焼却炉

焼却炉から排出される排ガスを用いて温水を作り、吸着式冷凍機で冷水を作ります。冷水はスポット空調などに利用可能です。

温泉業・地熱発電

温泉の熱を利用して空調設備に利用できます。冷房空調が可能なため、ホテルやビルの空調機器の節電効果が期待できます。

コージェネレーション

吸着式冷凍機はエンジンの排熱(廃熱)利用機器としていちばん多く利用されています。

食品工場

主に加熱と冷却工程のある工場で、冷却時のチラー負荷を低減できます。排熱(廃熱)から冷水を作り、製造プロセスに利用できます。