沿革|事業型専門総合商社|東京貿易マシナリー株式会社|東京貿易グループ

新着情報

<エネルギー機械事業部>

LNG(液化天然ガス)国際会議及び展示会

2007年 4月24日~27日
スペイン・バルセロナで開催された『LNG(液化天然ガス)15国際会議及び展示会』に当社エネルギー機械事業の主力商品である「LNG用マリンローディングアーム」及び「LNGポンプ」を出展しました。会期中に日本を含む世界各国から多数の来場者を迎え、LNG業界関係者と交流することで、当社及びメーカー各社の知名度UPと情報収集が図れ、今後の海外市場の販売促進への契機となりました。
MEDICA2006 会場
LNG15ブース

積極的な海外展開
(中国)「上海ガス集団有限公司向けLNG用ローディングアーム受注」

経済躍進目覚しい中国では、環境に優しいエネルギーとして、LNGの導入も積極的に行われております。
中国初のLNG受入基地「広東大鵬LNG」(広東省)、二番目の「福建LNG」(福建省)には既に当社LNGアームが納入済みで、広東LNGでは2006年6月より豪州からのLNGの受入荷役が開始され、当社LNGアームが中国のエネルギー安定供給及び広東省の環境対策に貢献しております。
1月には、中国ガス最大手の上海ガス集団有限公司殿向けにLNGアームを受注し、中国国内でのエネルギーの更なる安定供給にも貢献していきます。

(韓国)「最新型原油受入設備 運転開始」

2007年10月より、韓国国営石油会社(KNOC)殿向原油受入用ローディングアームが運転を開始いたしました。このローディングアームは緊急離脱装置と油圧カップラーを装着した最新の大型海上原油受入設備であり、韓国国内の石油備蓄基地の運営に更に貢献していきます。

(中東)「複数年整備契約受注」

わが国の石油・天然ガスの最大の輸入元の中東地区においても、当社ローディングアームが、石油・LNG出荷基地にて日夜稼動を続けており、中東地区からのエネルギー供給に大きく貢献しております。
特に天然ガスにおいてはカタール国からの輸入が増えており、10月には、カタールRASGAS社殿より、複数年にわたるローディングアーム整備契約を受注し、今後も増大するカタールからのエネルギー供給の安定化に努めてまいります。

(ロシア)「サハリン2向けLNG用ローディングアーム試運転完了」

CHIYOTEC LTD.殿(千代田化工建設+東洋エンジニアリング)経由にてロシア、サハリン・エナジー・インベストメント社殿向けに納入済みのLNG用マリーンローディングアームの据付、試運転調整が完了し、2008年後半に本格的に開始されるLNG出荷に向け準備が整いました。
サハリン2より生産されるLNGは全量、サハリン島ユジノ・サハリンスクより、当社のローディングアームを介して、世界のLNGユーザー向けに出荷されます。
なかでも日本の電力・ガス会社は最大の需要家であり、当社は、日本におけるエネルギーの安定調達に、ローディングアームの確かな技術力でお応えします。

<FCプロジェクト部>

燃料電池(ELECTRAGEN™XTi、IGEN™)システムを新発売

米国IDATECH社は、これまでの水素燃料の3kWおよび5kWの燃料電池(ELECTRAGEN™システム)に加え、メタノール水を燃料とした燃料電池ELECTRAGEN™ XTiシステム(3kW、5kW)と同じくメタノール水燃料の250W小型燃料電池(IGEN™)システムを新発売しました。これに伴い、日本仕様の250W小型燃料電池システムは2009年の発売を目指します。

ELECTRAGEN™XTi システム
IGEN™システム
ELECTRAGEN™XTi システム IGEN™システム