Top page > 製品情報 > 取扱い製品のご紹介 > バタフライバルブ

バタフライバルブ

高温・常温・極低温に至るあらゆる温度帯に対応する充実のラインナップ

配管の開閉や流量の制御を行うのがバルブの役割です。さまざまな形状があり、それぞれに特性を有しますが、蝶形弁とも呼ばれる「バタフライバルブ」は、弁軸(ステム)を蝶の羽根のように90度回転させることによって弁を開閉するもので、コンパクトで着脱も容易です。

※開発・製造

ハイパフォーマンス・バタフライバルブ(HD10型)

軽量コンパクトなオールステンレス製二重偏芯タイプのバタフライバルブです。
(1)耐食性に優れて長寿命、(2)流体の圧力で密着力を更に高め、正流、逆流共に対応可能な強化PTFEシール構造、(3)操作トルクの低減とシールの長期安定性能をもたらす二重偏芯構造、(4)オペレータの取付はISO5211に準拠し、各種オペレータとの取付が容易にできる、(5)面間寸法はJIS B2002(46系列)に準拠、など、数々のユニークな特徴を持っています。

※a)ディスクシール:温度変化による弁体の熱収縮に追随して安定したシール性能を発揮。 内圧が上昇するとシール面圧が増加してシール性能を高めます。
※b)二重偏心構造:弁体とディスクシールは弁体締切り直前から全閉止時のみ接触し、スプリング内蔵のシール機構との組合せによりシールの磨耗が軽減される仕組みです。

ニイガタ・チクサン・バタフライバルブ

高いシール性能と長寿命を実現した、信頼性の高い汎用バタフライバルブです。プラスチック製バックアップリング付き一体型シート構造の採用により、ハイレベルなシール性能と長寿命を実現。フランジガスケットが不要で、現場でのボディ・シートの取替作業が非常に容易にできるなど、多くの特徴があります。

◎保温配管、船舶、水処理設備を想定した「ステムエクステンション」も製作可能です。
◎主要納入先:造船、製鉄プラント、上下水道処理、石油化学、薬品製造分野など

タンクローリー用・バタフライバルブ (N17型)

タンクローリー車専用に開発されたバタフライバルブです。シンプルさを追求した構造により低価格を実現しました。

呼び径 100A
用途 ガソリン、灯軽油、重油等石油類運搬用タンクローリー

LNG用バタフライバルブ

 → 詳細はこちらをご覧下さい。